読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

振り込み率を3割減らす打ちまわし

んにちは!!

 

ほっしーです。

 

先日、友達と麻雀を打っていたのですが、

昔でも今でも

麻雀の中で1番ドキッとする言葉は

 

「ロン」

って言われることですよね。

振り込むことは負けに直結します。

 

麻雀は「いかに上がるか」もそうですが

「いかに負けないか」

というゲームでもあります!

 

f:id:hossy0410:20170227020220j:plain

 

今回は
いかに負けないか=いかに振り込まないか

ということについて特に

 

「リーチされたが、

筋や壁の理論を使っても安パイがない…!」

 

「どれ切っても同じならなんでもいいや!」

 

と思っている人に、

「捨て牌の本質」を教えていきたいと思います!

 

 

 

「捨て牌の本質」の前に…

f:id:hossy0410:20170227020402j:plain

 

正直これをマスターすれば

 

・振込率が3割ほど減ります。

これは勝ちに大きく結びつきますね!

 

・「お前麻雀強くなってね?

なんで振り込まないんだよ?」と友達に言われる

 

といった恩恵が受けれる一方で、

これが分からないと

 

・捨て牌の考え方に乏しいので、

振り込む頻度が多くなり、負けが重なる。

 

・「相変わらずお前はカモだな」と言われて、

金を取られる。

 

嫌ですよね。

自分もこの時代があったので

本当に悔しいと思う気持ちはよくわかります。

 

 

 

「捨て牌の本質」と

振込率を減らす打ち回しとは?

f:id:hossy0410:20170227020756j:plain

 

 

ズバリ

「相手が序盤に捨てた捨て牌の外側の牌は安全である」

 

例えば


相手の捨牌

南:麻雀王国三萬:麻雀王国八筒:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国

 

早い段階で

三萬:麻雀王国

を捨てるってことは、おそらく

二萬:麻雀王国四萬:麻雀王国

を持っていない、

完全に孤立したような不要な牌だったから

捨ててしまったという考えです。

 

二萬:麻雀王国四萬:麻雀王国

などの牌を持っているならば、

くっついたりの変化を考えて、普通はいきなり三萬:麻雀王国

を捨てるようなことはないってことです。

 

捨ててしまうってことは、

「おそらく手とは無関係だか安全じゃない? 」

という予測です。

 

ただし、特殊な役を狙っている状況には

当てはまらないので注意が必要です。

きちんと、ここも理解して下さい!

 

これは例えばホンイツチンイツなどの

染め手などが代表的ですね。

 

他にも三色同順一気通貫など狙っていても

これは通用しません。

 

 

 

具体的にはどうすればいいの?

f:id:hossy0410:20170227185123j:plain

 

 

あなたがやることはズバリ

 

「捨て牌に困ったら、

5巡以内に相手が捨てた牌の外側を捨てろ」

 

ってことです!

これを信じて1度打ってみて下さい!

振込率がガクッと減りますよ!!!

 

 


数牌で1番安全なのは?

 

f:id:hossy0410:20170227180217j:plain

 

 

いますぐあなたにやって欲しいことがあります!
それは

「一般的に一から九までの数牌で

1番安全な牌危険な牌を答えて下さい!」

 

ちゃんと考えてくださいね!

 


正解は、1番安全な牌→一と九
1番危険な牌→

でした。

 

一は
「二三」という形か「一一」という

形の待ちしかありません。

九も同様です。

 

対して

五は
「三四」「六七」「四六」「五五」など

多様な待ちが可能です。

 

 

いかがでしたか?


長文読んで下さりありがとうございました!