読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その第一打目があなたを「負け組」にします

んにちは!!!

 

ほっしーです。

 

 

最近、友達と話しをしていて、麻雀を
打っている中でテーマになりそうな話題が
あったため、このノウハウを書いて
いこうと思います。


そのテーマはズバリ

「最初に切る牌」

つまり「第一打目」ですね。

 

 

「え?一打目って何切っても大丈夫
じゃないの?強いて言えばオタ風を
きるんじゃないの?」

 

と適当に思っていると
痛い目を見てしまうので注意が必要
です。


特にリアル麻雀だと理牌(牌をそろえること)
されていないので、
目についたオタ風を切ってしまうことが
よくあるんですよね。


しかも、フリー麻雀など初めて麻雀する人
と同卓したときなどは


「迷惑をかけたくない」


「ちょっと格好つけたいな」


と思って早く切ってしまいがちです…

昔の自分もそうでした…

 

 

今回はネット麻雀の「天鳳」と

いうアプリで自分が

「やっちまったな…」

と思った場面があったので

 

今回は

その例を使ってお伝えしていきます。

 

ちなみ「天鳳

というアプリはこちらです。

オンライン対戦麻雀 天鳳

 


東風戦 第三局 トップ目の親番

 

f:id:hossy0410:20170220162904p:plain

 

トップ目を迎えた親番でこのような
配牌が来ました。

このとき自分は何の気なしに右端にあった
オタ風の北をきります。

次巡

 

 

8索が重なり、

「あちゃ。チートイツあったな」
と気づきます。

 

「結構嫌な感じだな…」

そして…

 

 

 


「うわ…しまった…」


チートイツのテンパイを逃してしましました。


こうなったら気持ちが折れるのも

時間の問題です。

 

f:id:hossy0410:20170220163533p:plain

 

上家にリーチをかけられ、

オリた末にツモられて
しまいました。

 

もしテンパイしていれば、
上がれていたはずです。


なんとなくきった「北」が
後あとになって大きなダメージと
なってしまったのです。


このように一打目というのは
重要なものなのです!

 

ここを少しでも意識するかしないかで

あなたの勝ち負けを分ける

重要なターニングポイント

になり得たりもするのです。

 

 

いわゆるちょっとした「勝ち組」
「負け組」を分けるポイントですね。

 

今回は、

配牌が終わってから第一打を
打つまでに何を考えるか

ということを
お伝えしていきたいなと思います。

 

 

正直

これで勝率は2倍以上に跳ね上がる

と断言できます!

 

 

 

何をするの?

 

f:id:hossy0410:20170220163854j:plain

 

さっそく見ていきましょう!


と言いたいところですがその前に復習です!

配牌をもらう前に10秒でチェック
できることはなんでしょうか?


分からない人は過去の記事をもてもらえると
この後の話がスッと入ってくると思います!

ma-janhossy.hatenablog.com

 


ざっくりというと一番最初にやることは

◎相手との点差状況を把握して大まかな方針を
決める

ということでした。

 

今日はその先です!

配牌をもらったらやることは

たった二つです


それは

・相手の理牌(牌を整理すること)と最初の
数打に注目

・自分の上がる手を想像する

です。

 

順に説明していきますね。

まずは「相手」に注意です。

 

この後の記事でも伝えて

いきたいことでもあるのですが、

麻雀は人が大きく関わるゲームです。

 

いつも理牌時にむすっとしている人が

めっちゃ笑顔で理牌していたら

「絶対何かあるな」

「大物手が来たのかな」

と思うはずです。

 

こういういつもと違う変化は注意して
見るようにしましょう。

 

それと、相手の序盤の数打を確認しましょう。

 

一九字牌を最初多く切っているならタンヤオ狙い

 

f:id:hossy0410:20170220164807j:plain


最初からチュンチャンパイ(数牌の2から8)を

多く切ってたら、
チャンタ三暗刻などの刻子を狙っている。

 

f:id:hossy0410:20170220164926p:plain

 

この程度で全然大丈夫です。


これを地味に続けていくだけで、

あなたは格段に強くなります!


今すぐ麻雀アプリを起動して、

相手の捨て牌から手を読んでみましょう!

 

pl.sega-mj.com

 

意外と簡単にできますよ!

 

残りは長くなるので

次回にやろうかなと思います!

 

 


長文読んでくださりありがとうございました。